空いた土地を発電所に変えて太陽光発電投資の方法

近年注目の太陽光発電

太陽光発電という言葉は近年高い注目を集める様になりました。電気を生み出す方法として、自然エネルギーで環境に害が無い方法で発電する事は、現代では様々な国で取り入れられる様になりました。風力発電と並び太陽光発電を強化する国も増え、近年は個人でも太陽を使った発電を行い、電力を電気会社に販売する事で利益を得る事が可能となりました。そのため、自宅の空いた土地等を活用して発電機を設置し、自然の力で電力を生みだす事が可能となっています。

まずは設置場所の選定から

そんな太陽光発電を自宅や空いた土地で行うには、まずその場所が太陽光が当たる場所であるかどうかが非常に重要です。発電所では広大な影の無い広場に発電機を設置する事が多いですが、発電機を設置する場所は必ず影の当たらない場所を選択しましょう。どれだけ晴れていても太陽の光が当たらないのであれば発電する事が出来ず、発電機が無駄に稼働する様になってしまいます。家の屋根や周りに高い建物が無い土地が理想と言えるでしょう。

利益を長期的な視点で算出

太陽光発電の課題点として、その初期投資の費用の高さです。どうしても発電機の価格が高いため、初期投資で多額の資金が必要となります。将来的に利益を出すには数年、もしくは数十年かかると言われていますので、具体的な電力の販売金額は年間どの程度となり、初期投資をどの時点で回収できるのか計算してみましょう。そうする事で、何年後から純粋に利益を算出する事が出来るのか知る事が出来るでしょう。この様に太陽光発電では、長期的な視点で見る必要がありますので、焦らず年単位で利益を見ていきましょう。

ゼロ金利政策の影響もあり、いまや銀行に幾ら預けても利息が増えない時代ですが、太陽光発電投資は年間約8%もの利息を見込めるため、近年多くの注目を集めています。

© 2018: Unforgettable Day