今話題の太陽光ファンド!その内容や注意点は?

太陽光ファンドって何?

太陽光ファンドは、簡単に言うと発電した電気を電力会社へ売ることで利益を得るものです。パネル設置などで初期費用はかかりますが、その後は太陽光に任せるだけで発電できるので、特に苦労はありません。更に個人の住宅で発電する場合は10年、業務用であれば20年もの間一定の収入があるので、とにかく安定しています。そのメリットの大きさから太陽光ファンドの応募者が殺到しており、各電力会社が新たな受け入れを抑えているので検討はお早めに。

居住エリアの気候を把握

太陽光ファンドを自宅の屋根を使用して行う場合、そのエリアの気候をよく把握しなければいけません。山と山に挟まれているエリアですと太陽光が降り注ぐ時間も短いですし、特に冬は降雪の有無に注意する必要があります。降雪によって頻繁に太陽光パネルが隠れてしまうとスムーズに発電できませんし、積雪するほどではなくても冬の快晴が少ない日本海側は発電に苦労する可能性があります。冬によく晴れる太平洋側の方が発電には向いています。

トラブルを回避したい

太陽光パネルは何百キロという重量があるので、屋根の上に取り付けると必然的にバランスが悪くなり耐震性に問題が生じる可能性があります。なので設置に至っては専門家の意見を聞いて問題が無いか調べる必要があります。また、太陽光ファンドは非常に人気があるので、それに乗じて悪知恵を働かせる人間もいます。お金だけを受け取って連絡が取れなくなる、杜撰な工事でパネルが故障するなどの被害に遭わない為にも、信頼できる業者なのか見極めたいです。

太陽光発電の設置を検討しているなら、価格や性能を見比べることが大切です。見積もりを申し込むこともできます。

© 2018: Unforgettable Day